ぬり絵家原図/斑鳩岡本の三重塔

斑鳩岡本の三重塔

(取材地:奈良県生駒郡斑鳩町)

対象一般名称/法起寺三重塔

 法起寺(ほうきじ、ほっきじ)は聖徳太子「岡本宮」の跡地とされ三重塔は日本最古(国宝)です。美しい飛鳥様式の塔で、薬師寺を除くと日本最大の三重塔と言われています。コスモスがきれいに咲いていました。


 上の大きな画像、下の小さな画像をフリックするか 小さな画像をクリックあるいは両脇の矢印をクリックしてください。(小さいほうは少ない枚数のときはクリックのみです。)キーボードの左右矢印キーでも切り替えできます。

 IEは縦構図写真が横延びします。Edgeや他のブラウザでは正常に表示します。

 表示の写真は当塗り絵用で取材撮影を元に合成加工処理した原図で実景と異なります。拡大写真の画質はよくありませんが、被写体により暗くて見えないところを明るくして参考になるようにしたものもあります。